住民票トップ > 住民票の移動・取得 > Q.大家と両親にバレないように、同棲相手の住民票を移す方法を教えて下さい。

住民票ガイドについて

住民票見本

「住民票ガイド」へようこそ。当サイトでは、住民票の移動・変更手続き住民票の取得方法(直接窓口で・郵送・時間外など)などの方法や住民票記載事項証明書住民票除票住民票委任状(ダウンロード)戸籍の取得方法戸籍の附票の取得方法住民票コード引っ越し料金をネット比較で安くする方法などの説明についてを一からまとめています。詳しくは下記のリンク先をご参照ください。

また、住民票に関する人気コラム(戸籍や住民票から離婚歴・前妻を消す方法、住民票移動が遅れた場合に罰金を受けずに済む方法、住民票を移動させずに、運転免許証を変更させる等)なども是非、お気軽にご覧になってみて下さい。

はてなブ          

住民票ガイド項目一覧

住民票の移動 住民票の移動の手続方法住民票移動と転出届・転入届は違うのか引越し前でも住民票移動は可能か郵送で転出届を行う方法転出証明書は、郵送で発行請求できる?転出証明書とは?見本は?郵送で発行請求できる?転出証明書の新住所を間違って申請し、受領しました。再取得が必要?家を購入する際の引越し前の住民票移動住民票の移動で管理会社等へ通知が行くか住民票の移動で誰かへ通知が行くか住民票の移動のばれない方法
委任状の
書き方・書式
(ダウンロード)
住民票関連委任状の書き方・書式まとめ自動車印鑑登録外国人登録原票記載事項証明書世帯変更届住民票の写し転居届転出届転入届
住民票を
移動しない場合
どうなるか
住民票の移動が遅れた場合単身赴任で住民票を移動しない場合のデメリット実家から住民票を移動しないと住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法住民票の移動が遅れた場合、罰則住民票の移動をしない場合、罰則5万円の過料転入届・転居届を出さないと罰金5万円の科料住民票の移動なしで、免許の住所を変更運転免許の住所変更をしないデメリット住民票や免許の変更は必須か住民票を移動しない場合の年金免除成人式はどこで住民票移動しない場合の妊娠・出産
住民票の有効無効 住民票の有効期限市長が変わったら有効か
住民票の移動と
一緒にする手続き
住民票移動と一緒にする手続き郵便物の転送手続き住民票と一緒に健康保険の手続きも引越し時の印鑑登録の手続き
住民票関連用語解説
(~と~の違い)
住民票の写し住民票の原本・写し・コピーの違い住民票の写し、謄本、抄本の違い「住民票の写し」の「世帯連記式・個人式」と「世帯票・個人票」と「謄本・抄本」はどう違うのか住民票とは住民票に記載されている内容住民票記載事項証明書とは住民票と住民票記載事項証明書の違い住民票の附票住民票の除票戸籍と住民票の違い戸籍の附票と住民票の違い戸籍の附票で複数回引越しの証明複数の住民票の除票で複数回引越しの証明戸籍の附票住民票と住民基本台帳カードの違い広域交付住民票とは住民票の改製・除票とは世帯及び世帯主とは特別住民票DV防止法住民基本台帳法(転入届)第22条と(罰則)第53条住民基本台帳とは
住民票の取得 住民票の取得方法まとめ本人や家族が住民票の写しを取得する方法妻が夫の住民票を取得仕事で住民票が取れない場合郵送での住民票取得方法住民票はその日に受け取れるか住民票の取得は誰でもできるのか住民票の第三者取得不正な手段で住民票や戸籍を取得委任状の印鑑について住民票をコンビニで(土日でも)未成年の住民票取得車を売却するときに必要な住民票
本人確認書類 戸籍や住民票の手続きをする際の本人確認書類
住民票除票の取得 住民票の除票の取得方法住民票の除票の取得のための書類住民票の除票の取得場所
選挙権 住民票移動しない場合の選挙権選挙権の復活期間
単身赴任 住民票移動のデメリット夫の住民票の移動は義務か単身赴任の免許更新手続き単身赴任の印鑑証明
離婚・別居 住民票から離婚歴を消す戸籍から離婚歴を消す方法戸籍から前妻を消す離婚後、両親の扶養家族へ別居の際の住民票移動手続き離婚調停前の住民票移動離婚調停中の印鑑証明
学生・一人暮らし 実家から住民票を移動しないと学生は住民票を移さなくてもいいか住民票移動しない場合の選挙権住民票の移動で扶養家族から外れるか住民票を移動しない場合の年金免除成人式はどこで未成年の住民票取得
就職・採用・提出 採用先に住民票を提出すべき?社員に住民票や戸籍謄本の提出を義務付けOK?
税金・控除・
扶養家族
実家から住民票を移動しないと学生は住民票を移さなくてもいいか住民票移動しない場合の選挙権住民票の移動で扶養家族から外れるか住民票を移動しない場合の年金免除成人式はどこで未成年の住民票取得
同棲・
ルームシェア
同棲時の住民票の手続き二世帯にする方法一つの世帯にする方法同じ家に複数人が住む場合世帯主は誰か
隠したい・
ばれたくない
住民票の移動で管理会社等へ通知が行くか住民票の移動で誰かへ通知が行くか住民票の移動のばれない方法住民票・戸籍には、自己破産歴が記録されてる?住民票には、生活保護受給者の印アリ?
自動車・運転免許 住民票の移動なしで、免許の住所を変更運転免許の住所変更をしないデメリット複数回引越しの証明書の取得単身赴任の免許更新手続き住民票を移動しないときの運転免許運転免許の経由申請受付窓口の連絡先秋田、佐賀、熊本、宮崎の経由地更新住所地以外、他都道府県での運転免許の更新手続き(経由地更新)車を売却するときに必要な住民票車庫飛ばしとは、何車庫飛ばしの方法・手口車庫の再確認(車庫飛ばしの確認)を警察が行う場合「親名義・車庫証明実家・学生、単身赴任」は車庫飛ばしに該当しますか。
戸籍・本籍地 戸籍から離婚歴を消す方法戸籍の附票で複数回引越しの証明戸籍の附票と住民票の違い戸籍と住民票の違い戸籍の附票とは本籍地の役割本籍地と現在の住所の違い本籍地について本籍地がわからないときは
法令・用語解説 生活の本拠住民基本台帳法22条と民法22条住民票の根拠条文住所とは住民とは住民票を定めている法律とは厚生労働省資料:公正な採用選考について厚生労働省告示(平成11.11.17 第141号)
住民税 住民税を課税されないように
結婚・婚姻届 婚姻届を提出しても住民票は別婚姻届の手続き方法祝日に婚姻届を出して入籍し、翌日に住所変更手続き独身証明書独身証明書の代わりに、戸籍謄本や戸籍抄本を提出独身証明書の取得(申請)方法
出生届 出生届とは?必要書類出生届の書き方・記入例届出用紙はどこでもらえる(ダウンロードできる)?どこに提出?誰が提出?罰則提出期限を過ぎても名前が決まらなかった場合子ども手当や出産一時金の手続き一覧記念品外国人日本で出産海外出産
住民票ニュース 不正な手段で住民票や戸籍を取得の事件(ニュース)DV被害者の住民票誤交付DV夫に妻の住民票交付ミスDV被害者への給付金支給「あしたのジョー」の矢吹丈、台東区住民票交付見送り13歳年下の知人になりすまして働く 勝手に住民票異動、容疑の78歳女逮捕 千葉大阪市、コンビニで住民票など証明書交付ガンダムのデザイナーが住民票にキャラ制作大阪府箕面市、住民票などの証明書を図書館でも発行暴力団の依頼で住民票不正発行、山口県長門市住民票不正取得防止の本人通知システム、前橋市スタート他人の住民票請求知らせる、「本人通知」で個人情報守る茨城・那珂市、日曜日も住民票の写し等取得可能へ『こち亀』銅像の除幕式!葛飾区より両さんに特別住民票一宮市:来月「いちみん」に特別住民票 /愛知車庫飛ばし容疑で逮捕  不正取得の住民票で申請住民票など不正取得防止 前橋市がスタート
引越し関連 エアコン取り付けの工事を安くする方法

住民票に関する全国47都道府県市区町村HPリンク先

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 -
関東地方 東京都 神奈川 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 -
甲信越・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 - -
東海地方 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 - - - -
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山 - -
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 - - -
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 - - - -
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島 沖縄県




ページトップへ戻る

Q.大家と両親にバレないように、同棲相手の住民票を移す方法を教えて下さい。

Q.大家と両親にバレないように、同棲相手の住民票を移す方法を教えて下さい。


管理会社や大家さん

通常、管理会社や大家さんに、住民票の内容が通知されることはなく、また調べても、正当な理由がない第三者のため、開示されることもなく、知られることはありません。

両親

また、家族や親は住民票を取得することができますが、そこから同棲が発覚することは通常ありません。
通常、同棲相手は、同一住所に住民票を移すだけで、同一世帯に入る(続柄:未届の妻・夫=内縁の妻・夫になる)ことはないからです。
同棲相手が同一住所に住民票を移しただけなら、自分の親は、自分の子の住民票しか取得できないため、そこから、同棲相手ことが発覚することはないためです。

   カテゴリ:住民票の移動・取得
ページトップへ戻る

Q.親にバレないように住民票を移す方法を教えて下さい。

Q.親にバレないように住民票を移す方法を教えて下さい。


上記同様、通常通り、身分証明証を持って、役所に行き、住民票の移動の申請を行えば、短期的には親に知られることはありません。
役所の担当職員が、「住民票の移動を住民票内の誰かが申請したこと」を他人に伝えることは、国家公務員法違反となるため、心配はありません。

~~~
国家公務員法
第100条
1 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。
~~~

しかしながら、長期的には、親が住民票を取得した際に、貴方が住民法を移動させたことが発覚してしまいます。
通常、家族であれば、同じ住民票(同一世帯)に入っているはずですが、そこから抜けて、且つ平成○年○月○日、○○県○○市○○町1-2-3に転入などと記載がされているためです。

そのため、最終手段として、親が住民票の閲覧や交付ができないように制限をかけることができます。
まずは、警察・児童相談所・女性相談センターなどに相談を行うことで対応が可能です。
身体的暴力だけでなく、精神的暴力で、対応が可能なケースもありますので、まずは相談をしてみて下さい。

(参考)

Q.DV・ストーカー被害者の住民票や戸籍を閲覧交付制限する方法を教えて下さい。

http://xn--pqqy41ezej.com/?p=1819

Q.住民票の移動を管理会社や大家さんにばれないようにすることは可能ですか。

http://xn--pqqy41ezej.com/?p=412

   カテゴリ:住民票の移動・取得
ページトップへ戻る

Q.社名変更をした場合の手続き一覧、やらなければならないことを教えて下さい。

Q.社名変更をした場合の手続き一覧、やらなければならないことを教えて下さい。


一般的には、以下の対応が必要です。

届出関係

 ・法務局の登記所に変更手続き
  (株主総会議事録、社名変更の登記申請書、印紙3万円分、登録免許税3万円)
  ・株主総会の特別決議(社名=商号変更→定款変更)
 ・税務署に「異動届」を提出(変更登記後の登記簿謄本を一緒に提出)
 ・地方自治体(市町村に法人等異動届出書)
 ・社会保険事務所(健康保険・厚生年金、労働保険関連)
  ・健康保険・厚生年金保険適用事業所所在地名称・名称変更届
 ・社員の居住する市区町村役場
 ・銀行
  ・法人の銀行口座の変更
  ・各種の口座引落
 ・証券
 ・クレジットカード会社
 ・ビル管理会社(不動産の賃貸契約の契約者変更手続)
 ・ドメイン管理会社
 ・電気、ガス、水道  
 ・通信系契約の変更
  ・インターネットプロバイダ
  ・電話
  ・FAX
  ・携帯
  ・サーバー
 ・郵便局
 ・宅配便
 ・印鑑変更登録
 ・就業規則・36協定の再提出、労働者代表の選任
 ・商標登録(新社名、変更登録)
 ・プライバシーマークの団体へ通知

取引先関係

 ・書面等で、商号変更のお知らせ
  ・契約書の変更は、先方が求めたら、対応(覚書締結)
 ・取引先からの支払振込口座

作成変更

 ・印鑑(会社実印、銀行印、ゴム印)
 ・会社の書類や封筒
 ・名刺
 ・請求書フォーマット
 ・会社案内、概要
 ・ロゴ(デザイン変更、必要であれば) 
 ・サイト内の社名部分変更
 ・利用規約一部変更
 ・留守番電話の案内変更
 ・新しいドメインネームの取得(ドメイン変更する場合)
 ・IRでの変更プレス

   カテゴリ:会社法
ページトップへ戻る

Q.父の死亡後、母が戸籍の筆頭者に変わるのでしょうか。

Q.父の死亡後、母が戸籍の筆頭者に変わるのでしょうか。


亡くなられた父親が筆頭者であれば、父親が筆頭者のままとなります。
住民票の世帯主は変わりますが、戸籍の筆頭者はそのままとなります。

筆頭者はインデックス

戸籍には、筆頭者欄と本人欄があります。
そして、筆頭者のみ、両方の欄があります。
本人欄には、本人の出生、婚姻、離婚、死亡、養子などが記載されますが、筆頭者欄はそのままとなります。
筆頭者とは、同じ本籍地に複数の戸籍があった場合に識別する際の、戸籍のインデックスに過ぎないため、本人が死亡しても、そのままになります。
尚、戦前の戸籍では、家長が亡くなると、家督相続といい、戸籍の改姓が行われましたが、現在の戸籍制度では、そのような改姓はありません。

母が戸籍の筆頭者になるためには

1つの戸籍に記載されている構成員の全員が、死亡、婚姻、離婚、養子縁組、分籍、転籍などの理由で除かれた(除籍された)ときは、戸籍は、除籍簿として保存されます。
そのため、父親の死亡後、母親が筆頭者になるためには、母親が現在の姓を名乗る再婚、旧姓に戻る「復氏届」を出した場合は、母親が筆頭者である新しい戸籍が作られます。

   カテゴリ:戸籍
ページトップへ戻る

Q.腹違いの異母兄弟の場合、戸籍の続柄はどうなりますか。

Q.腹違いの異母兄弟の場合、戸籍の続柄はどうなりますか。


(1)戦前について

戦前の戸籍の続柄は、旧民法の戸主から見て、出生順に、長男、二男、三男と定められていました。

(2)現在の戸籍制度では

現在の戸籍制度では長男・二男などの戸籍の続柄は、ある夫婦の間の出生順で付けられ、父母名が記載されて区別されています。

例えば、
父Aと前妻Bの間の「最初に生まれた男の子」は、
「父A、母B、続柄 長男X」と記載され、

父Aと後妻Bの間の「最初に生まれた男の子」は、
「父A、母C、続柄 長男Y」と記載されます。

また、生活する上での便宜上は、Xを長男、Yを次男として扱うことが多いと思いますが、戸籍の続柄の記載は2人とも長男になります。
尚、住民票では続柄はどちらも「子」と記載されます。

(3)非嫡出子・婚外子について

平成16年11月1日以降に出生の届出がされた嫡出でない子については、それまでは続柄が「男」又は「女」でしたが、母が分娩した嫡出でない子の出生の順に「長男(長女)」「二男(二女)」と記載されるようになりました。
平成16年11月1日以前の非嫡出子に関しても、希望により、同様に記載を変更することができ、更に、戸籍の続柄欄の記載を改めた事実を残さないように、申出により、戸籍の再製を行ってもらうことも可能です。

参考:法務省民事局

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji66.html

   カテゴリ:戸籍
ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.