Q.住民票の移動を管理会社や大家さんにばれないようにすることは可能ですか。

住民票移動

Q.住民票の移動を管理会社や大家さんにばれないようにすることは可能ですか。


A.住民票を移動させても、当該住所の物件の管理会社に連絡が行くことはありません。通常は住民票の移動に関して、管理会社等が知ることにはなりません。しかしながら、下記に記載している項目により、発覚する可能性もありますので、ご注意下さい。

■住民基本台帳の閲覧
誰でも、申請することにより住民票の内容を閲覧することが出来ます。
通常、人件費もかかりますので、行わないと思われますが、管理会社の人が市町村区役所に出向き、住民基本台帳の閲覧を申請すれば、住民基本台帳には、住民票の内容が記載されていますので、住民票の移動について判明してしまうこともあります。

■住民票の第三者取得
尚、通常であれば、管理会社の方は、他人の住民票を取得することは出来ませんが、債権者である証拠(例えば借用書、家賃の滞納の証拠書類など)を示せば,第三者である管理会社の方でも請求できるため、住民票の取得も行われてしまう可能性もあります。

【参考】
Q.本人等以外の第三者でも他人の住民票の写しを取得・請求できますか。
https://xn--pqqy41ezej.com/?p=7

■その他発覚の可能性について
不動産会社へとの住居の賃貸借契約で、「契約書に、他の人を入居させない」などの項目があった場合、同棲や他の方を住まわせていた場合、ばれたら退去の理由になります。
以下のような場合で発覚することが多いようです。
(1)税金・国民年金・健康保険・選挙の投票のお知らせ等の役所や公的機関からの通知や郵便物
(2)届出・税金の支払い等に不備があり、役所の職員が尋ねてきた場合で、管理会社や大家に問い合わせがあったとき
(3)大家さんと親しい住人から大家さんへ連絡が行った場合
しかしながら、大家さんや管理会社に相談し、同棲を認めてもらったり、他人との同居を認めてもらえることも多々ありますので、本当のことを話し、相談してみるのもいいでしょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました