選挙

スポンサーリンク
住民票ニュース

【ニュース】埼玉県新座市、タレント市議立川さん当選無効(居住実態なし、被選挙権なし)

2012年2月19日投開票の埼玉県新座市議会議員選挙(定数26)で、無所属で立候補、2067票を獲得し、候補者32人中5番目で初当選したタレント立川明日香氏(27歳)が、2012年4月20日、埼玉県新座市選挙管理委員会から 「市内に居住の実態がなく、被選挙権は認められない」として、当選の異議申し立てを認める決定(当選無効の決定)を受けた。 立川氏は、所属する芸能プロダクションのホームページによると、テレビドラマやCMモデル、キャンペーンガールとしても活動している。
学生・一人暮らし

Q.住民票は実家です。大学のある別の県の選挙で投票がしたいです。選挙権はありますか。

Q.住民票は実家です。大学のある別の都道府県の選挙で投票がしたいです。選挙権はありますか。 A.住民票のある選挙区での、選挙権はありますが、住民登録していない地域での選挙権はありません。 地方自治体の選挙の場合、ある特定の候補の関係者が、選挙の直前に大量に住民票を移して、有権者を増やす等の不正を防ぐために、当該自治体に、転入してから引き続き3ヶ月以上居住している人を対象として、選挙人名簿を作成します。その選挙人名簿に登録されていなければ、投票ができない仕組みになっています。 もし、現在住んでいる地域での選挙をしたい場合、当該選挙の告示日の前日の3ヶ月以上前までに住民票を移動させておく必要があります。 地方選挙と国政選挙で、住民票の移動の有無と時期による、選挙先の違いを場合分けしましたので、ご参考にして下さい。
選挙

Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。

Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。 A.選挙の種類(国政・地方)によって異なりますが、引越しから3ヶ月以上経っていれば、選挙が可能となります。 詳細は下記をご参照下さい。
スポンサーリンク