Q.住民票の「原本」が必要なのですが、「写し」や「コピー」とは違うのですか。

住民票取得
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住民票の「原本」「写し」「コピー」の違い

住民票の「原本」

A. 住民票(住民基本台帳)の原本は、電子データとして役所にあるため、原本を取得することはできません

住民基本台帳は「台帳」と名前がついていますが、全自治体で電算化(システム化)されています。平成11年の住民基本台帳法の改正により、地方公共団体共同のシステムとして、各市町村の住民基本台帳のネットワーク化が行われているもので、そもそも取得できるものではありません。

総務省HPより
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/gaiyou.html

住民票の「写し」

A. 個人が取得できるのは、役所が発行する「住民票の原本」の内容を専用紙(紙媒体)に写した「住民票の写し」になります。

また、「住民票の写し」には、発行日付とその自治体の長(市長若しくは区長など)の印が押され、「原本と相違ないことを証する」などの文言が記述されています。

そのため、会社等から「住民票の原本を提出ください」と言われた場合でも、「住民票の写し」を提出すれば問題ありません。

住民票見本

住民票の「コピー」

A. 「住民票の写し」をコピー機に掛けたものが「住民票の写しのコピー」になります。こちらは、基本的には本人確認や身分証明の用途としては、有効なものではありません。

しかしながら、提出先が「コピー」や「PDF」でも構わない場合もありますので、どうしても「コピー」しかない場合は、提出先へ確認してみましょう。

住民票の「コンビニのコピー機で取得したもの」

コンビニ等の店舗に設置されているキオスク端末「マルチコピー機」で取得できる住民票は、「住民票の写し」になります。すなわち、「コピー」ではなく、「正式な証明書」を取得することができます。

コンビニエンスストア等にて、証明書を取得する方法をご紹介致します。コンビニのマルチコピー機の画面に表示されている「行政サービス」ボタンを押すと、利用開始となります。尚、住民票や戸籍謄本を取得する場合は「マイナンバーカード」が必要となります。

キオスク端末の画面イメージ
https://www.lg-waps.go.jp/01-01.html

コメント

  1. […] A.住民票が置いてある住所地以外の、市区町村が発行を行う「住民票の写し」のことです。 […]

タイトルとURLをコピーしました