Q.住民票の未成年や高校生だけでのもらい方は?

住民票は未成年や子どもでも取得できますか。住民票取得
住民票は未成年や子どもでも取得できますか。

住民票を高校生だけで取りに行くことはできるのか

住民票の取得に年齢制限はない

A.住民票、つまり「住民票の写し」の取得に年齢制限はありません。また、住民票記載事項証明書も同様です。未成年や高校生だけでも(小学生や中学生でも)取得ができます。

未成年での住民票の取得に必要なもの

本人確認の書類を役所で求められます。通常は、運転免許証、パスポートのように公的機関が発行した写真付き本人確認書類(身分証明書)が必要ですが、持っていない場合には、学生証、健康保険証、その他キャッシュカード、預金通帳等の、写真が付いていないものでも、2種類以上持って行くと受付をしてもらえる場合があります。役所によって対応が異なる場合がありますので、事前に確認してください。

「住民票の写し」は、未成年、15歳未満、高校生、子供だけでも取得できます。ただし、本人確認の書類を役所で求められます。

法定代理人(未成年者の場合など)が取得する場合は、法定代理人の本人確認書類及び戸籍謄本などの資格を証明する書類の提示が必要になる場合があります。

未成年/高校生の住民票のもらい方

14歳以下の未成年の申請の場合

未成年に意思能力(住民票を請求する意味を理解できる事理弁識能力)があれば、住民票の申請を受け付けるとしている市町村と、法定代理人である親権者の請求を求める市町村があります。各自治体にご確認ください。

広島市の事例(下図)

15歳から19歳の未成年の申請の場合

民法各条により、15歳以上の方には一定の法律行為が認められていることから、未成年本人が請求することが可能です。
また、親権者も請求することができます。親権者が法定代理人として別世帯になっている未成年の子供の住民票等を請求される場合は、親権者自身の本人確認書類の提示に加え、戸籍謄本等で申請時点において、親権を有していることの証明が必要になります。

別で住んでいる(別居中の)子どもの住民票を親が取れるのか

申請者(親・家族)が、住民票の対象者(子ども)と同一世帯(住民票を同じにしている)場合は、取得することができます。
申請者(親・家族)が、住民票の対象者(子ども)と別居しており、同一世帯でない(住民票を同じにしていない)場合は、ご本人(対象者の子ども)からの委任状を添付しての申請が必要になります。

参考リンク

未成年の住民票取得に関する全国47都道府県市区町村HPリンク先

北海道・東北北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県
関東地方東京都神奈川埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県
甲信越・北陸新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県
東海地方岐阜県静岡県愛知県三重県
近畿地方滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山
中国地方鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国地方徳島県香川県愛媛県高知県
九州・沖縄福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島沖縄県

コメント

タイトルとURLをコピーしました