住民票トップ > プライバシーポリシー > プライバシーポリシー

スポンサードリンク

はてなブ        

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー


日本住民票振興会(以下、「当会」という)は利用者様の氏名・生年月日・ご住所・お申し込みのサービス内容等の個人情報の保護に関し、以下の取組みを実施いたしております。

第一条

当会は、個人情報に関する法令、政令、条例、およびその他の規範を遵守し、利用者様の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。

第二条

当会は、利用者様の個人情報については、下記の目的の範囲内で適正に取り扱いさせていただきます。
1.ご本人確認、ご利用料金の請求、およびご利用料金・ご利用サービス提供条件の変更、ご利用サービスの停止・中止・契約解除の通知並びにその他当会サービスの提供に係ること
2.電話、電子メール、郵送等各種媒体により、当会のサービスに関する販売勧奨・アンケート調査および景品等の送付を行うこと
3.当会のサービスの改善又は新たなサービスの開発を行うこと
4.問い合わせ、ご質問にお答えすること

第三条

当会は、利用者様の個人情報を適正に取扱うため、当会規程および当会管理体制の整備、当会会員(役員・従業員)の教育、並びに、個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等防止に関する適切な措置を行い、また、その見直しを継続して図ることにより、個人情報の保護に努めてまいります。

第四条

当会は、利用者様の個人情報を第三者に開示・提供することは致しません。但し、上記利用目的を達成するために必要な範囲内で、業務委託先に提供する場合がございます。その場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を実施いたします。 尚、法令等に基づき裁判所・政府機関などの公的機関から開示の要請があった場合については、当該公的機関に提供することがございます。

第五条

利用者様が、利用者様の個人情報の開示等をご希望される場合には、別途の当会窓口までご連絡いただければ合理的な範囲で速やかに対応いたします。なお、利用者様の開示請求1回(1名様分)につき1,000円(税込み)の事務手数料を申し受けます。尚、特別な開示・通知手段を求められるなど、追加の費用が必要となる場合には、その費用を勘案した手数料を追加して頂戴する場合があります。

第六条

当会では、利用者様の個人情報の保護を図るために、また、法令その他の規範の変更に対応するために、プライバシーポリシーを改定する事がございます。改定があった場合はホームページにてお知らせいたします。

改定履歴

1997年4月1日制定
2001年4月1日第1回改定
2004年8月1日第2回改定
2005年6月1日第3回改定
2008年9月1日第4回改定
2011年4月1日第5回改定





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:プライバシーポリシー
ページトップへ戻る

「プライバシーポリシー」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.