住民票トップ > 住民票取得 > Q.住民票記載事項証明願の書き方・取得方法を教えて下さい。

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.住民票記載事項証明願の書き方・取得方法を教えて下さい。

Q.住民票記載事項証明願の書き方・取得方法を教えて下さい。


こちらは学校や採用先から、「住民票記載事項証明書(願)」を渡されて、どうすればいいか分からない方のためのページです。

住民票記載事項証明願見本

住民票記載事項証明願  住民票記載事項証明願見本

住民票記載事項証明書とは

まず、「住民票記載事項証明書」とは、住民票に記載してあることの証明書で、「様式」が住民票とは異なるものです。住民票は、各自治体(市区町村)によって記載内容は同じでもフォーマット(様式)や大きさ(A4・B5だったりと)がバラバラとなっています。
そのため、学校や採用先は、色々な自治体の住民票が提出されるため、整理・閲覧が行いにくい事態が発生します。そこで、学校や採用先側で、事前に用意したフォーマットの「住民票記載事項証明願い」の形式で、証明書を提出させれば、すべて同一様式となり、整理・閲覧が容易になります。

【参考リンク】
 住民票記載事項証明書と住民票の違い 住民票.com/?p=9

住民票記載事項証明書の取得方法

(1)確認

学校や採用先から指定されたフォーマット(住民票記載事項証明願い)はありますか。ある場合は、そちらを持参して役所に行きましょう。所定のフォーマットが無い場合は、どの項目を証明すればいいか分からないので、住民票に記載されているどの内容が必要とされているのかまず、確認をしましょう。

(2)必要なもの

住民票記載事項証明書(願)のほかに、本人確認書類と判子を持って行きましょう。

(3)記入

以下を記入しましょう。
・役所指定の住民票記載事項証明書の「交付請求書」(窓口においてあります。)
・住民票記載事項証明願い
住民票記載事項証明願い(記入用紙)には、証明したい項目を全て記入しましょう。住所、氏名、世帯主氏名、生年月日、続柄など、役所が証明する欄以外のところは全て記入する必要があります。「証明願い」とは、「○○市役所さん!、この紙に記入してあることが正しいことを証明して下さい!」という趣旨の証明書であるため、内容を記入するのは証明願いをする人になります。役所はただそれを証明するだけので、役所が証明願いを記入することはありません。
尚、書き方や何を書いていいか分からない場合、正確に書き込める自信が無い場合は、何も書き込みをしないで、とりあえず役所の窓口までもって行きましょう。役所の人が丁寧に教えてくれるはずです(間違って書くと面倒です。)。

(4)記入の際の注意点

記入するときは、内容を正確に書く必要があります。住民票の写しがあればそれを参考に記載するといいでしょう。

住所:都道府県から記入します。住所の地番も正確に記載して下さい。方書(地番のあとの「○○マンション○号室」部屋番号等)がある場合はそこまで忘れず全部記入します。
氏名:住民票に記載されている正しい戸籍上の正確な文字、旧字であれば旧字を記入しましょう。
生年月日:西暦はだめです。なぜなら住民票の生年月日の欄は西暦で書かれていないからです。漢字で「昭和」や「平成」、「大正」と書いて下さい。もちろん「S」や「H」はだめです。
続柄:「長男」「二男」「長女」「二女」などの続柄は、全て「子」と記入して下さい。
押印:氏名の横には本人の押印が必要となります。
※ 市区町村長証明欄への記載は一切不要となっております。

(5)手数料

手数料が1通200円~400円かかります。

(6)記入用紙が無い場合の注意点

用紙(住民票記載事項証明願い)が無い場合はどうすればいいか。役所にも用紙が用意してあるので、住民票記載事項証明書を受領することは可能なのですが、以下の事項を正確に確認することが、必要な項目が記載されていない証明書を貰わないためにも、必要となります(再度取りにいかなくてもいいように)。
・提出先が用意した住民票記載事項証明願い(記入用紙)が本当にないのか。
・通常の住民票ではだめか(住民票には全部必要項目が記載されている)
・指定されている項目は何か。
個人のものでいいのか、世帯全員のものが必要なのか





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票取得
ページトップへ戻る

「住民票取得」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.