戸籍

スポンサーリンク
戸籍

Q.離婚時の戸籍の手続き(子供の本籍・夫の名字のまま)を教えて下さい。

(1)戸籍の筆頭者が夫の場合、離婚届により、戸籍が移動するのは、妻1名だけとなります。 (2)子供の戸籍を父親から母親の戸籍へ移動させたい場合は、別途「入籍届」という届出が必要になります。
戸籍

Q.戸籍謄本と抄本/平成改製原戸籍/全部事項証明書と個人事項証明書の違いを教えて下さい。

上記のコンピュータ化に伴い,これまで紙で管理されていた戸籍は画像化され、「平成改製原戸籍(かいせいげんこせき)」と名称を変え100年間保管されます。 ・従来の紙の戸籍⇒なくなりました ・平成改製原戸籍⇒従来の紙の戸籍を画像化しコンピューター保管されています
住民票取得

Q.住民票の写し・戸籍の取得方法/発行方法について教えて下さい。

1.どんな種類の住民票が取れるか(あるのか)知りたい 2.役所に直接取りに行きたい(手続き・必要なものは?) 3.郵送で取得したい 4.土日や時間外(17:00~等)に住民票を取りたい
戸籍

Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。

Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。 A.戸籍から離婚歴を消す方法は、以下の「転籍」と「分籍」という2つの手法があります(法的に問題がある手続きでもありません。)。 但し、お子さんがいる場合は、お子さんの父・母の氏名が、戸籍に記載されるため、転籍を行っても、残念ながら意味がありません。
住民票の移動・取得

Q.戸籍の附票と住民票の違いは何ですか。

Q.戸籍の附票と住民票の違いは何ですか。 A.どちらも「住所の証明」をすることが出来る公的書類ですが、戸籍の附票と住民票の違いは、以下の通りです。 (1)戸籍の附票 ・本籍地の役所で管理されている ・過去の住所の移動の履歴が記載されている (2)住民票 ・現住所地の役所で管理されている ・前住所、現住所の2点が記載されている (3)住民票の除票 ・過去住所地の役所で管理されている ・保管期限は5年間 ・当時の前住所、当時の現住所、当時の転居先住所の3点が記載されている ※ (現)住民票と(過去)住民票の除票を組み合わせることで、住所の変遷も証明することが出来ます。しかしながら、複数の住民票が必要なので非常に手間になります。一方、戸籍の附票は、住民票の移動の手続きさえしていれば、住所の移転記録の全てが記載されているため、1つで住所の変遷の証明書となります。 ※ 上記のため、自動車を売却する際の住所の変遷の証明書として、引越しを繰り返している方は、戸籍の附票が便利になります。
戸籍

Q.本籍地と現在の住所の違いは何ですか。

Q.本籍地と現在の住所の違いは何ですか。 A.以下の通りになります。 (1)本籍地:戸籍が保管されている市町村区。 (2)現在の住所:実際に住んでいる市町村区。
戸籍

Q.本籍地の調べ方を教えて下さい(本籍地が分からない)。

Q.本籍地が分からないので、戸籍を調べることができません。A.本籍地は、住民票に記載されていますので、まずは、住民票を取得してみて下さい。
住民票取得

Q.戸籍の附票とは何ですか。取得方法、郵送取り寄せ、委任状、見本の解説。

Q.戸籍の附票とは何ですか。A.(1)戸籍の附票戸籍の附票とは、その戸籍が作られた時点からの、その人の住所の移動を記録したものです。 本籍のある市区町村で保管されています。本籍地の役所でしか交付してもらえません。本籍地ではない役所へ行っても交付してもらうことはできません。 また、正確には「戸籍の附票の写し」であり、住所の履歴を確認できるため、車の名義変更の際に利用されることがあります。
スポンサーリンク