住民票トップ > 住民票の移動・取得 > Q.住民票の「原本」が必要なのですが、「写し」や「コピー」とは違うのですか。

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.住民票の「原本」が必要なのですが、「写し」や「コピー」とは違うのですか。

Q.住民票の「原本」が必要なのですが、「写し」や「コピー」とは違うのですか。


A.住民票(住民基本台帳)の原本は役所にあり(電子データ)、原本を取得することはできません。
個人が取得できるのは、役所が発行する、住民票の原本の内容を専用紙(紙媒体)に写した「住民票の写し」になります。
その「住民票の写し」をコピー機に掛けたものが、「住民票の写しのコピー」で通常有効なものではありません。
「住民票の写し」には、発行日付と、その自治体の長(市長or区長など)の印が押され、「原本と相違ないことを証する」などの文言が記述されています。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票の移動・取得 , 未分類
ページトップへ戻る

「住民票の移動・取得」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.