Q.賃貸契約の解約手続きについて教えて下さい。

Q.賃貸契約の解約手続きについて教えて下さい。


賃貸契約の解約手続き(引越し1ヶ月前)

引越しが決まったら、契約者本人が現在住んでいるマンション、アパートの大家さん、管理人さん、貸主又は不動産管理会社に対して、口頭(電話)もしくは書面で、今住んでいる部屋を退居・退室する意思表示しましょう。

新居と旧居の家賃を二重に払わないように

住んでもいないのに、1か月分の家賃を無駄に支払うなんて、トンでもない。
引越しで出費がかさむ時に、新居と旧居の家賃を二重に払うことのないように、賢く引越し手続きを進めましょう。
解約(退去)予告を伝えなければならない時期は、不動産会社との賃貸借契約書に必ず書かれています。
通常は、退去する日の「1ヶ月前まで」や「30日前まで」に連絡することと定められている賃貸契約が多いのですが、物件によってはそれより前の「2ヶ月前」や「3ヶ月前」に意思表示をしなければならない契約もあるので、引越しが決まった時点で、もう一度契約書を確認してみましょう。
尚、契約書内に解約予告時期について記載されていない場合は、法律により3か月前に予告することと規定されています。
さて、この解約予告期日を過ぎてから通知を行うと、引越した翌月分の家賃まで支払うはめになる場合があります。また、通常は一度意思表示をしてしまうと原則として取り消しはできないため、引越しするかしないか決まっていないのに、早めに通知することは極力避けた方が無難でしょう。

大家さんの立場になって考えて

大家さんは、次の入居者が入らず、空室のままですと、収入が0円になってしまうため、大家さんにとっても、急な退去連絡は困ってしまうのです。お世話になった大家さんのためにも、まず一番に、管理者に退居を伝えることが得策です。

持ち家の場合

ご自身の持ち家の場合は、売却するか、賃貸にするか大きく2つに分けられます。
どちらが得かなど、税金・補助金・その時期の家賃相場そして、スグ入居者が見つかるかなど色々な項目を考慮しなければならないため、独自での判断は難しいところです。賃貸不動産業者など専門家に相談できる場合は相談し、リスクを軽減させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Q.出生届の書き方、記入例、期限、提出先を教えて下さい。 詳細に関しては、下記リンク先をご参照…
  2. ページ内容 : 1.戸籍証明書一覧2.戸籍の取得方法(郵送申請方法)3.戸籍の筆頭者の調べ方4.本籍…
  3. Q.住民票記載事項証明願の書き方・取得方法を教えて下さい。 こちらは学校や採用先から、「住民票記載…
  4. Q.住民票の委任状(ダウンロード)の書き方、書式、代理取得方法を教えて下さい。 A.以下に、委…
  5. Q.住民票の写し・戸籍の取得方法/発行方法について教えて下さい。 A.以下をご参照下さい。 …
  6. Q.本人や家族が住民票の写しを取得する方法を教えて下さい。 A.住民票の写しの取得方法は次のと…
  7. Q.住民票の移動(異動)が遅れた場合、罰則がありますか。 A.住民票の移動(転入届・転居届)の…
  8. Q.単身赴任の際、住民票を移動することによるデメリットを教えて下さい。 A.単身赴任の場合…
  9. Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。 A.戸籍から離婚歴を消す方法は、以下の「転籍」…
  10. Q.引越し前でも住民票移動はできますか。 A.法律家の回答としては、「住んでいない住所に、住民…

カテゴリー

ページ上部へ戻る