Q.父の死亡後、母が戸籍の筆頭者に変わるのでしょうか。

戸籍謄本/本籍地
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Q.父の死亡後、母が戸籍の筆頭者に変わるのでしょうか。

亡くなられた父親が筆頭者であれば、父親が筆頭者のままとなります。住民票の世帯主は変わりますが、戸籍の筆頭者はそのままとなります。

下記戸籍の事例にて解説を致します。一郎氏は亡くなり除籍されていますが、筆頭者のままになっています。一郎氏の妻の花子は一郎氏の死後、新たに戸籍を作ることなく、一郎氏が筆頭者の戸籍にそのまま入っています。尚、息子の太郎氏は婚姻のため、新しい戸籍を作った際に、一郎氏が筆頭者の戸籍から除籍をしています。

戸籍の筆頭者はインデックスの役目

戸籍には、筆頭者欄と本人欄があり、筆頭者のみ、両方の欄があります。

本人欄には、本人の出生、婚姻、離婚、死亡、養子などが記載されますが、筆頭者欄はそのままとなります。

「戸籍の筆頭者」に関しては、同じ本籍地に複数の戸籍があった場合に識別する際の、戸籍のインデックスに過ぎないため、本人が死亡しても、そのままになります。尚、戦前の戸籍では、家長が亡くなると、家督相続といい、戸籍の改製が行われましたが、現在の戸籍制度では、そのような改製はありません。

母が戸籍の筆頭者になるためには

1つの戸籍に記載されている構成員の全員が、死亡、婚姻、離婚、養子縁組、分籍、転籍などの理由で除かれた(除籍された)ときは、戸籍は、除籍簿として保存されます。

そのため、父親の死亡後、母親が筆頭者になるためには、母親が現在の姓を名乗る再婚、旧姓に戻る「復氏届」を出した場合は、母親が筆頭者である新しい戸籍が作られます。

Q.亡くなった両親の戸籍の本籍地を移す方法を教えてください。

両親が双方ともに死亡されている場合

転籍届には筆頭者及びその配偶者の署名押印が必要になります。そのため、両親がともに死亡されている場合は、本籍地を移すことはできません。

筆頭者が死亡し、配偶者である妻(夫)が生きている場合

筆頭者が亡くなった場合でも、配偶者である妻(夫)が生きている場合は、本籍を移すことが可能です。転籍届用紙の「本籍」の欄の「筆頭者氏名」はそのまま亡くなった筆頭者の方の氏名を記載し、「届出人欄」は配偶者の方の署名・押印のみで届け出ることができます。

両親が死亡し、未婚の子どもだけの場合

転籍届には筆頭者および配偶者の署名・押印が必要になるため、子どもだけで「転籍届」を提出することはできません。
しかしながら、未婚の子どもが成人することにより「分籍届」を提出し、自身が筆頭者となる単独の戸籍を新たに作ることが可能となります。尚、一度分籍すると元の戸籍に戻ることができなくなるため、注意が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました