【ニュース】ファミリーマートで住民票・印鑑登録証明書を取得 沖縄県南風原町 

住民票ニュース

ファミリーマートで住民票・印鑑登録証明書を取得 沖縄県南風原町


概要

ファミリーマートは2013年9月2日、住民基本台帳カードを利用し読み込ませることで、ファミリーマート店舗内に設置した多機能端末、デジタルフルカラー複合機(MX-3610DS)から、
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・戸籍証明書
・戸籍附票の写し
・所得証明書
・所得・課税証明書
など全6種類を発行する自治体証明書交付サービス(行政サービス)の展開を、2013年9月2日から順次開始すると発表した。
ファミリーマートが同様のサービスを本格提供するのは初めてとなります。

沖縄南風原町から開始

まず、沖縄ファミリーマート(大城健一社長)の協力の下、
9月2日から、沖縄県南風原町(城間俊安町長)のファミリーマート9店舗及び那覇市の63店舗の計72店舗で沖縄県南風原町の自治体証明書の交付サービスを開始。
9月17日から、沖縄市、浦添市、宜野湾市、名護市、うるま市の82店舗でサービスを開始。
9月30日までには、沖縄県内全店舗69店舗でサービスを開始し、交付店舗を県内全223店舗に広げる。

ファミリーマート(東京、中山勇社長)は、南風原町を皮切りに、2013年12月をめどに、全国のファミリーマート店舗でも、全国の他の自治体、南風原町の証明書を入手できるように交付サービスの提供を順次拡大していく。

沖縄県内コンビニで自治体証明書を交付するサービスは、県内自治体では初の導入となり、住民サービス向上の一環で、南風原町が沖縄県内コンビニ各社に交付サービスの協力を依頼し、実現することとなった。
南風原町は年間1万件の交付件数のうち、半分がコンビニでの利用になると想定。
交付には住民基本台帳カードが必要なため、2014年3月末まで南風原町の住民基本台帳カード500円の発行手数料を無料とする。
城間町長は「利便性(時間外交付、地域外交付に対応)を考慮し、県内、県外でも住民サービスが提供できることになった。ぜひ活用してほしい」と話した。

交付手数料について

南風原町のコンビニ交付手数料は、以下の通りで、南風原町役場で交付を受けるよりも、戸籍全部事項証明書は50円、それ以外の証明書は100円安くなる。
・住民票の写し:200円
・印鑑登録証明書:200円
・戸籍証明書:200円
・戸籍附票の写し:200円
・所得証明書:400円
・所得・課税証明書:200円
尚、休日や夜間でも証明書が取得でき、利用できる時間帯は6:30~23:00(年末年始12月29日〜1月3日除く)で、交付対象となる書類の種類や交付手数料は自治体により異なる。

他のコンビニについて

利用できるのは、以下のコンビニになります。
・ローソン
・セブンイレブン
・サークルkサンクス
・ファミリーマート(9月中に県内全店舗、12月から全国店舗)
住民票の写しなどの、コンビニでの交付には27都道府県の約70自治体が対応しており、セブンイレブン・ジャパンやローソン、サークルKサンクスが先行している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました