【ニュース】戸籍抄本偽造、札幌市43歳係長懲戒免職に 不倫相手と

住民票ニュース

【ニュース】戸籍抄本偽造、札幌市43歳係長懲戒免職に 不倫相手と


概要

北海道札幌市は、2013年3月15日、既婚者で妻がいながら、不倫交際相手の市職員女性と結婚したように装うため、戸籍個人事項証明(戸籍抄本)を偽造したとして、北海道札幌市中央区地域振興課まちづくり推進係の男性係長脇田英樹(43)を懲戒免職処分にした。
札幌市は、北海道警に、公文書偽造容疑で告訴する方針。

詳細

札幌市によると、係長は既婚者だったが、妻とは別の市職員女性と結婚を約束。
妻との離婚協議が進まなかったため、2012年7月ごろ、同居を始めていた交際女性に、この女性と結婚したことを信用させるため、女性と結婚したように見せかけた戸籍抄本を自宅パソコンで偽造したとされる。
女性はその戸籍抄本を添えて市に名字変更を届け出た。精巧だったため、市も女性も偽物とは気付かなかったという。
2013年1月、市職員部に「脇田係長が再婚したと聞いたが、係長の離婚は成立していない」という内容の通報があり、係長に事情を聴いたところ、偽造を認めた。
脇田係長は市の調査に対し、「結婚の約束が果たせなかったので偽造した」と話しているという。
係長は以前、戸籍住民課に勤務していた経験があり、戸籍抄本の作成に詳しかったという。

本当に大事なのは、書面ではなく、真実の愛だと考えられますが、40代になると、体面などが重要になるのかもしれませんね。
交際女性も喜んで、市に名義変更などしなければ、相方が懲戒免職にならなかったのに。。。
たぶん、この2人は別れるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました