【ニュース】わんわん住民票で登録や予防接種促す/埼玉県春日部市

住民票ニュース

【ニュース】わんわん住民票で登録や予防接種促す/埼玉県春日部市


概要

狂犬病予防法に基づく飼い犬の登録率・予防接種率の向上やマナーアップにつなげようと、埼玉県春日部市が2011年10月19日から登録済み飼い犬に無料で「わんわん住民票」の発行を開始した。同市によると、市内の登録犬は約1万2000頭いるが、このうち年1回の予防接種を受けているのは約85%で、さらに未登録犬もいるという。
飼い犬への住民票交付は県内で初めて。
現在は登録していない犬でも、窓口で登録手続きをした後に申請することで住民票を発行することができる。この住民票発行で、新規登録が増えることを期待している。「わんわん住民票」は市役所3階環境保全課、庄和総合支所2階総務課で、申請により無料で発行する。

わんわん住民票の発行数

10月31日時点で3件のわんわん住民票が発行され、11月13日で20頭が発行を申請。2011年11月27日までに約80件の申請があった。
担当の環境保全課は「予想した申請数より少なかったが、これから増えるかも」と今後の申請に期待している。

わんわん住民票の容姿

「わんわん住民票」は、はがき大の大きさ。犬の写真、名前、生年月日、種類、毛色、特徴や病気、お散歩タイムを記入することができる、はがきサイズの住民票。裏面には「マナーとルールを守りましょう」と、散歩時のふんは持ち帰り、尿も洗い流しましょう、放し飼いはやめましょうなどと記されている。
この住民票は2種類あり、雄用はブルーのライン、雌用はピンクのラインが入っている。計1000枚を印刷した。交付対象は登録されている飼い犬となっている。「住民票を名札ケースに入れ、お散歩バッグに付けるのもかわいいかな」(環境保全課)と話している。

春日部市環境保全課より

春日部市環境保全課では「登録率・予防接種率向上のほか、ペットブームにより、人と動物が安心して共生できる地域社会を作るアイテムの一つとして、愛犬家の皆さんにご利用いただければ」と呼びかけている。
<問い合わせ>春日部市環境保全課TEL048-736-1111。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました