住民票トップ > 住民票ニュース > 【ニュース】暴力団の依頼で住民票不正発行、山口県長門市

スポンサードリンク

はてなブ        

【ニュース】暴力団の依頼で住民票不正発行、山口県長門市

暴力団の依頼で住民票不正発行、山口県長門市


山口県長門市、組員の依頼で住民票不正発行

 山口県長門市は8月23日、市内の無職男性(33)の戸籍謄本(こせきとうほん)と住民票各1通を不正発行したとして男性職員2人を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
無職男性は中国人女性の偽装結婚事件で(中国人女性との偽装結婚届を長門市に提出、受理させたとして、)指定暴力団山口組系組員の共犯として逮捕され、電磁的公正証書原本不実記録、同供用の罪で起訴、山口県警に6月末、逮捕されている。
市は「犯罪に使われた可能性がある」と認め、再発防止を徹底する。
 処分を受けたのは、当時は係長級だった職員(43)と、市民課にいた職員(37)。市によると、2009年10月26日、係長級職員は親類の山口組系組員(52)=同罪で起訴=から携帯電話で「(無職男性の)住民票が必要になった」と連絡を受け、住所、名前などを請求書に代筆して市民課職員に対応を依頼。市民課職員は受け取りに来た男に本人確認せず住民票を渡した。
 10年3月15日には組員が「戸籍謄本がいる」と係長級職員に連絡。市民課職員は受け取りに来た男の申請後、本人確認せず発行した。係長級職員は「組員とは知らなかった」、職員は「先輩の依頼で信用した」と話したという。

不正発行:住民票、謄本を 暴力団悪用か 長門市、職員5人処分 /山口

 長門市は23日、市役所窓口で住民票や戸籍謄本を不正発行していたとして、下水道課係長(42)▽市民課職員(35)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分(いずれも09年10月時点の肩書きと年齢)に、市民福祉部長ら3人を文書訓告にしたと発表した。
 係長は09年10月、親戚から「知り合いの住民票が必要」と携帯電話で相談をうけ、親戚から聞いた他人名義の住所、氏名、生年月日で市民課職員に交付請求を依頼。市民課職員も、本人確認をせず取りに来た男に渡した。10年3月にも戸籍謄本を同様に交付したという。
 今年6月末、長門署が偽装結婚共謀容疑で逮捕した暴力団組員の男の供述から、市職員を通じて他人の住民票などを取得した疑いが浮上。市が内部調査していた。阿野徹生副市長は「市民の信頼を裏切る行為であり深くおわびする。再発防止に全力で取り組みたい」とコメントした。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票ニュース
ページトップへ戻る

「住民票ニュース」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.