住民票トップ > 住民票ニュース > 【ニュース】DV被害者の住民票誤交付 夫が新居訪問、姫路市

スポンサードリンク

はてなブ        

【ニュース】DV被害者の住民票誤交付 夫が新居訪問、姫路市

DV被害者の住民票誤交付 夫が新居訪問、姫路市

[2011.2.21 21:22]


 兵庫県姫路市は21日、夫によるドメスティックバイオレンス(DV)被害を訴えていた女性の住民票を、職員のミスで夫に交付したと発表した。夫は交付後に女性の新居を訪れたがトラブルはなかった。市は同日、慰謝料30万円を支払うことで女性と示談した。

 市によると、女性は昨年9月、転居先を夫に知られないようにするため、住民基本台帳法に基づき、市に住民票の交付制限を求めた。しかし、同年10月1日、市の出張所職員が端末の警告表示を見落とし、夫に住民票を交付。翌日、夫が新居に来たが、女性は応じなかった。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票ニュース
ページトップへ戻る

「住民票ニュース」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.