住民票トップ > 法令・用語解説 > 住民票の改製・除票とは?

スポンサードリンク

はてなブ        

住民票の改製・除票とは?

「改製」とは、住民票がき損・汚損した場合、あるいは住民票に消除や修正された記載事項が多く新たに記載すべき余白がなくなった場合、住民票の様式または規格等を変更した場合などに、今までの住民票を消除し、住民票の記載事項を新たな住民票に移記したうえで現在の住民票とすることをいいます。改製により消除された住民票を改製前住民票といいます。

 「除票」とは、その市町村に住んでいる者が、市町村を転出したときや、死亡したときなど、その消除された住民票を除かれた住民票(除票)といいます。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:法令・用語解説
ページトップへ戻る

「法令・用語解説」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.