住民票トップ > 住民票の移動・取得 > Q.住民票が現住所と異なる場合の妊娠・出産について

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.住民票が現住所と異なる場合の妊娠・出産について

Q.住民票が現住所と異なる場合の妊娠・出産について

A.諸事情で、住民票が現住所と異なった状態にある方もいらっしゃるでしょう。たとえば、住民票は、A市。現住所は、B市(同一県内)といったような場合です。その際の問題点をお教えします。内容は自治体によって異なりますので、ご注意下さい。

(1)妊婦健診補助(助成)券

・通常、市外でも使えるので問題はありません。補助券の回数も同じようです。※同一県内であれば、妊婦健診補助(助成)券は使用できるようです。

(2)乳幼児医療費補助

・市外は対象外なので、医療機関の窓口で、毎回2割負担。その都度役所で手続きをすれば、請求すれば2ヶ月程度で戻ってきます。

※東京都の場合は、同じ都内であれば、負担金もいらないようです。

(3)乳幼児健診

・市外では受けられないようです。自費になります。

(4)予防接種

・市外では全額自己負担(任意接種だと1回1万円弱します)になるようです。

(5)血液検査の補助

・市外でも市内と同じようです。

(6)産後保健師さんの新生児訪問

・住民票のある住所に訪問に来るので、市外なら当然受けられません。

(7)子供手当て

・毎年1回手続きしに市役所に出向く必要があります。手続きしにくいので、手続きが遅れて数ヶ月損する場合もあります。

(8)1歳6カ月児健診・3歳児健診

・1歳6カ月児健診・3歳児健診は市町村単位(保健所)で受けることになります。

(9)母親学級や両親学級

・母親学級や両親学級には参加できない場合があります。

(10)保育園

・保育園は市外の方が入れる保育園が指定されています。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票の移動・取得
ページトップへ戻る

「住民票の移動・取得」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.