住民票の移動・取得

スポンサーリンク
住民票の移動・取得

Q.住民票移動(転入届提出)後、すぐ住民票はもらえますか。

通常、即日受領が可能です。役所の込み具合にもよりますが、30分も待たないうちに、電算機(コンピューター)への入力が完了し、新しい住所が記載された住民票の受取ができるはずです。
住民票の移動・取得

Q.転出証明書は、郵送で発行請求できますか。

Q.転出証明書は、郵送で発行請求できますか。 A.可能です。以下をご参照下さい。 転出証明書の郵送発行請求 郵送でも役所は対応しているので、引越し前(旧住所)の役所に転出届を郵送することもできます。 手数料は基本的に無料です...
住民票の移動・取得

Q.転出証明書の新住所を間違って申請し、受領しました。再取得が必要ですか。

A.問題ありません。転出証明書を取得し直す必要もありません。引越し先の住所が変更となった場合、その都度、転出証明書を取り直していたのでは、移動者も役所も非常に手間隙がかかってしまいます。そのため、転出証明書に記載されている転出年月日や転出先住所と、実際に引越しを行った日時・住所が異なっても、有効な転出証明書として届出ができるようになっております。
住民票の移動・取得

Q.郵送で転出届を行う方法を教えてください。

A.転出届は市町村区の役所の窓口で手続きを行う以外に、郵送でも行うことができます。 また、住民基本台帳カードを所持されている方は、引越し前の住所の市町村区役所に郵送で届出を行うだけで、転出届の代わりとなり、市町村区の役所に行くのが、引越し先の住所の転入届の際の1回だけで済んでしまいます。
住民票の移動・取得

Q.彼女と同棲します。住民票はどうすればいいですか。

Q.彼女と同棲します。住民票はどうすればいいですか。 A.以下のようなケースが考えられます。 ■彼女の住民票が実家にある場合 (1)実家のままにする。 (2)同棲する住所に住民票を移す ■彼女の住民票が、別の住所(今後...
住民票の移動・取得

Q.同じ家に複数の人が住む場合、住民票はどうすればいいですか。

A.同棲や同居(ルームシェア)の際の住民票の取扱いですが、同居人は「住所が同じ」で、全員が別々の「世帯主」として新しい住所に移転すれば、問題ありません。世帯とは「生計を一にする」場合であり、同棲やルームシェア(同居)ではそれぞれが世帯主となります。
住民票の移動・取得

Q.生活の本拠(拠点)とは何ですか(生活の本拠の判例解説)。

Q.生活の本拠(拠点)とは何ですか(生活の本拠の判例解説)。 A.「生活の本拠(拠点)」は、その人の事情で異なります。何を根拠として生活の拠点と見做すかについては、学説上の解釈ですら明確なものではなく、主観と客観の微妙な狭間に存在しています。つまり、ある程度の客観的な根拠があれば、本人の主張(~だから、ここが生活の本拠とする主張)を誰も否定することは、できません。 役所の窓口の係員や周りの少し詳しい方が、単身赴任の場合でも、単身赴任先に住民票を【絶対に】移動させなければならない、過料に処せられると言ったとしても、それは単に法に詳しくない方の意見になりますので、あまり参考になさらないで下さい。
住民票の移動・取得

Q.住民基本台帳法22条と民法22条には何が記載されていますか。

Q.住民基本台帳法22条と民法22条には何が記載されていますか。 A.住民基本台帳法22条には、「市町村内に住所を定めた場合、14日以内に転入届をしなければならない。」とあり、民法22条では、「住所」を「生活の本拠」と定義しています。また、「住所」の定義について定めた日本の法令は、民法22条だけになります。 尚、「生活の本拠」についての定義規定はどこにもありませんが、いくつかの関連する判例が存在しています。
住民票の移動・取得

Q.何故、不動産屋や金融機関は、引越し前に住民票移動をさせるのですか。

Q.何故、不動産屋や金融機関は、引越し前に住民票移動をさせるのですか。 A.登記の登録免許税を安くするため、融資制度が実務と矛盾していること、再度不動産の登記内容の変更をせずに済ますためです。そのため、実際の引越しの1ヶ月以上前に、住民票の移動がよく行われています。
住民票の移動・取得

Q.引越し前でも住民票移動はできますか。

Q.引越し前でも住民票移動はできますか。 A.法律家の回答としては、「住んでいない住所に、住民票を移すことはできません。」と回答させて頂きたいと思います。 ただ実際には、金融機関からの融資や登記の関係で、引越し前に、住民票だけ先に移動させるケースはよくあることで、役所のホームページにも通常、住民票は引越し後でなければ移動できないとの説明がありますが、住んでいない住所(住む予定の住所)に、住民票を移すことも可能です。 【実際の手続き方法】
スポンサーリンク