住民票トップ > 戸籍 > Q.本籍地と現在の住所の違いは何ですか。

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.本籍地と現在の住所の違いは何ですか。

Q.本籍地と現在の住所の違いは何ですか。


A.以下の通りになります。
(1)本籍地:戸籍が保管されている市町村区。
(2)現在の住所:実際に住んでいる市町村区。
尚、戸籍(謄本/抄本/全部/個人事項証明書)の違いについては別ページをご参照下さい。

本籍地について

本籍地とは、戸籍が保管されている市町村区のことです。
本籍地は、転籍届を届け出たり、戸籍編成の際(例:結婚/養子縁組)に、自由に変更できるため、出生地の市町村や現在の住所地とは限りません。そのため、実家の住所を本籍地として、戸籍を請求した場合、たまたま現住所地と本籍地が一致していれば問題なく戸籍の取得ができるのですが、多くの場合、現住所地と本籍地が異なるので、戸籍の取得が出来ません。
また、住民登録してある市町村では、住民票は取得できますが、本籍地でない場合は、戸籍の原本がないため、取得することが出来ません。
尚、何度も引越しをしたり、婚姻届を出すなどにより、自分の戸籍の本籍地が何処かわからなくなってしまった方は、後述する方法で本籍地を確認することが可能です。

戸籍請求に必要な情報は2つ

1.本籍地(正確な地番までの記載が必要)
2.筆頭者

戸籍を請求する際に、請求書に記載する本籍地の地番が少し違うだけでも、本籍地の記載が不十分であるとして、戸籍は発行してもらえない場合があります。
役所が戸籍を「本籍地」と「筆頭者」の2つで管理しているため、その2つがわからない場合は、戸籍の特定(紐付け)ができないため、発行してもらえない場合があることから、注意が必要です。

本籍地がわからない場合の対処方法

本籍地がわからない場合の対処方法としては次の4つの方法が考えられます。

(1)親兄弟、親族に尋ねる:当たり前ですが、一番手早い方法です。
(2)古い運転免許証:現在のICチップ入りの運転免許証からは、個人情報保護の観点より、本籍地の記載は削減されてしまいました。ですが、以前の古い運転免許証には本籍地が正確に地番まで記載されています。そのため、以前の運転免許証を探すという方法があります。
(3)古い戸籍謄本/抄本/住民票:以前取得した戸籍謄本/抄本/住民票に、求めている「本籍地」が記載されている場合があります。
(4)現在の住民票に本籍地の記載を入れて取得:現在の住所登録している役所に、住民票を請求する方法があります。本籍地を記載して欲しい旨を伝えれば、現在の自分の本籍地が記載された住民票を入手することが可能です。

筆頭者がわからない場合の対処方法

筆頭者は、通常以下のようになっております。
(1)通常独身者:父母のいずれか
(2)父母に離婚歴がある場合:父母のいずれか
(3)自分の離婚によって姓を改めた人が、実家の戸籍に戻った場合:父母のいずれか
(4)離婚で実家の戸籍に戻らず、新たに戸籍を編成した場合:自分自身が筆頭者





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:戸籍 , 本籍
ページトップへ戻る

「戸籍」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.