住民票トップ > 出生届 > Q.外国人が日本で出産したときの出生届/外国人登録/在留資格取得の手続きを教えて下さい。

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.外国人が日本で出産したときの出生届/外国人登録/在留資格取得の手続きを教えて下さい。

Q.外国人が日本で出産したときの出生届/外国人登録/在留資格取得の手続きを教えて下さい。


概要

日本に住んでいる外国人が、日本国内で出産したときは、
(1)出生届提出
(2)子どもの在留資格取得
(3)外国人登録
(4)本国政府に申請
を行うことが必要です。
※ 外国人も日本国内で出産したときは、戸籍法(戸籍法第25、49条以下)に基づいて出生届を提出することが必要です。

手続き詳細

(1)出産後は、医師・助産婦に出生証明書を発行・記載してもらいます。
(2)出生後14日以内に、出生証明書と母子健康手帳をもって、市区町村役場に出生届を提出して下さい。
※ 日本人の出生届の場合と手続きはほぼ同じになります。
(3)出生届を提出したとき、外国人登録や国籍申請に必要な「出生届受理証明書」を受領して下さい。
(4)出生後30日以内に、地方入国管理局の窓口で、申請用紙に必要事項を記載し、出生証明書と一緒に在留資格取得の申請手続きをして下さい。
※ 出生した日から60日以内に出国する場合は必要ありませんが、60日以上日本に在住する場合には、出生した日から30日以内に、在留資格取得許可申請をしなければなりません(出入国管理及び難民認定法第22条の2)。
(5)子どもも生まれてから60日以内に、市区町村役場で、出生届受理証明書を持って、外国人登録をしなければなりません。
(6)外国人登録をして、日本での身分を証明する「外国人登録証明書」を受領して下さい。
(7)本国政府にも報告しなければなりません。
※ 外国人ノ署名捺印及無資力証明ニ関スル法律により、印鑑を持っていない場合でも、外国人の場合は、署名で押印の代用ができる場合があります。
※ 父母の婚姻証明書、あるいは母の離別・死別の証明書及び日本語訳(訳者を明記してあるもの)を確認される場合があります。

出生届の記載上の注意

子の名について(外国人の場合)
カタカナで記載して下さい。ひらがなでの届出はできません。
本国法上の文字は付記する形式となります。
中国・韓国の国籍の場合、漢字で届出することも可能ですが、正しい日本文字としての漢字のみを用いて記載して下さい(平成13年1544号通達より)。

住所の欄(外国人の場合)
出生した子が外国人登録をする住所を記載して下さい。
世帯主との続柄は、出生した子どもが世帯主から見て誰になるかです。
世帯主が父の場合は、「子」と記載して下さい。
世帯主が祖父の場合は「子の子」のように記載して下さい。

父母の氏名(外国人の場合)
子の氏名同様に、カタカナで記載して下さい。
中国・韓国の国籍の方で漢字で届出する場合は、正しい日本文字としての漢字のみを用いて下さい。簡略文字は使用できません。
事例:「云」は「雲」、「沈」は「瀋」のように対応する漢字で記載して下さい。
対応する日本の漢字がない場合は、カタカナで記載して下さい。
通称名ではなく、本国法上の氏名を記載して下さい。

父母の生年月日(外国人の場合)
すべて「西暦」で記載して下さい。元号(平成・昭和等)では記載しないで下さい。「西暦1985年9月7日」のように記載して下さい。 

本籍(外国人の場合)
出生した子どもから見た父母の国籍を記載して下さい。
「フィリピン共和国」のように記載して下さい。筆頭者氏名欄は空欄にして下さい。

子どもの国籍

日本では、国籍は生まれた国ではなく、親の国籍によって決まります。
そのため、外国人夫婦が日本国内で子供を産んでも、日本国籍ではなく、父親か母親の国籍になります。
子どもの(本国での)国籍取得のために、大使館で申請を行う必要があります。

(1)出生証明書をもって、市区町村の役所に出生届を提出して下さい。
(2)出生届が受理されたら、出生届受理証明書を受領して下さい。
(3)外務省へ行き、領事移住政策化証明班に、出生届受理証明書・出生証明書・パスポートを提出し、出生届受理証明書を認証してもらう手続きを行って下さい。
(4)大使館へ行き、外務省で認証された出生届受理証明書・出生証明書・パスポートを提出し、国籍申請を行って下さい。

その他キーワード:外国人登録・外国人の国民健康保険・加入・短期滞在・国民健康保険・在留資格・国保・外国人の健康保険・保険証・出産祝い・出産一時金

外国人の出生届等に関する全国47都道府県市区町村HPリンク先

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 -
関東地方 東京都 神奈川 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 -
甲信越・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 - -
東海地方 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 - - - -
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山 - -
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 - - -
四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 - - - -
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島 沖縄県

参考リンク

(1)出生届とは?(出生届の概要)
(2)出生届を提出する際に必要な書類・必要な物
(3)出生届の書き方・記入例
(4)出生届の届出用紙はどこでもらえる(ダウンロードできる)の?
(5)出生届はどこに提出するの?
(6)出生届は誰が提出するの?届出人になるの?
(7)出生届の提出期限・14日を過ぎた場合の罰則
(8)提出期限を過ぎても名前が決まらなかった場合
(9)出生届と同時にできる子ども手当や出産一時金の手続き一覧
(10)出生届で記念品をもらえる自治体
(11)外国人が日本で出産した場合
(12)海外出産の場合





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:出生届
ページトップへ戻る

「出生届」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.