住民票トップ > 住民票移動 > Q.祝日に婚姻届を出して入籍し、翌日に住所変更手続きはできますか。

スポンサードリンク

はてなブ        

Q.祝日に婚姻届を出して入籍し、翌日に住所変更手続きはできますか。

Q.祝日に婚姻届を出して入籍し、翌日に住所変更手続きはできますか。


A.祝日に婚姻届を出し、不備がなければその日の日付で入籍することが可能です。
以下の3つのケースについて解説いたします。
(1)現在住んでいるA市に婚姻届を出し、B市に引越す場合
(2)引っ越す予定のB市に婚姻届を出し、B市に引越す場合
(3)現在住んでいるA市に婚姻届を出し、A市の別の場所に引越す場合

婚姻届の届出日・届出時間

婚姻届に関しては、休日・深夜窓口(土・日曜・祝日も可)があり、24時間いつでも真夜中でも届出を受け付けてもらえます(元旦入籍の芸能人がよい例です。)。
【参考】
婚姻届は、どこの(現住所・本籍?、私・配偶者?)の役所に提出すればいいの?

不備があったら

自治体にもよりますが、平日の役所稼働時間以外に婚姻届を行う場合、守衛さんが預かるだけで、記載内容のチェックはしないので、後日処理をする際に、重大な不備があった場合は、婚姻届の日付がずれる(提出した日で受理されない)こともあるそうです。そのような場合は、ほとんど無いようですが、後日電話などがかかってきて、書類再提出になり、書類の再提出日が受理日=入籍日になることもあるようです。
※ 臨時職員が当直でその場で確認してもらえることもあります。
※ 守衛さんが預かる場合は、婚姻届の内容確認は、翌日や週明けになることもありますが、特に重大な間違いなどなければ、提出日が婚姻成立日=入籍日になるので、ご安心下さい。
※ 本人確認書類の不備(顔写真の無い身分証明書しか持っていなかった)などの小さな不備の場合は、後日確認のため、住所地に「婚姻の処理をしました」という内容の通知が届くだけで済む場合もあります。

どうしても入籍日を指定の日にしたい方は

自治体によって異なるようですが、平日に役所の窓口に行き、
・休日に婚姻届を出したい
・事前審査をしてほしい
旨を伝えると、書類に不備が無いか、必要書類が揃っているかを確認してもらえます。
入籍日が祝日にあたる方や届出が時間外になる方で、「どうしても入籍日をこの日にしたい」と思っていらっしゃる方は、役所での事前確認をお勧めします。

婚姻届と住民票の移動は一緒の手続き?

婚姻届(戸籍の変更)と住民票の移動(住所地の変更)とは別の手続きになります。
婚姻届で自動的に変更になるのは、戸籍(関係や本籍地)だけであり、住民票は、自動的に夫婦で同じ住民票(住所)に変更されることはありません。
つまり、婚姻届を提出しただけでは住民票の住所は変わることはなく、結婚を機に引越しを行い、住所変更があった方、は別途住民票移動の手続きが必要となります。

(1)現在住んでいるA市に婚姻届を出し、B市に引越す場合

・現在住んでいるA市に婚姻届を出します(祝日)。
・(翌日以降の平日)A市で「転出届」を出して、B市に提出するための「転出証明書」を貰います。この場合、既に入籍後の氏名の「転出証明書」になっているはずです。もし不具合でなっていない場合は、婚姻届を出したA市の役所から、氏名の整合性を証明するために、「婚姻届受理証明書」も貰っておきましょう。
・B市に、A市で貰った「転出証明書」を添えて、転入届を出せば、住民票の移動も完了です。

(2)引っ越す予定のB市に婚姻届を出し、B市に引越す場合

【(先)住民票移動⇒(後)婚姻届】
・現在住んでいるA市で「転出届」を出して、B市に提出するための「転出証明書(旧姓のまま)」を貰います。
・B市に、A市で貰った「転出証明書(旧姓のまま)」を添えて、転入届を出し、先にB市に住民登録を行います。
・B市に婚姻届を出します(祝日)。
※ この際の婚姻届に記載する住所は、B市の住所になるので、お気をつけ下さい。

【(先)婚姻届⇒(後)住民票移動】
ケース1
・B市に婚姻届を出します(祝日)。
※ この際の婚姻届に記載する住所は、A市の住所になるので、お気をつけ下さい。
・(翌日以降の平日)A市で「転出届」を出して、B市に提出するための「転出証明書」を貰います。
・B市に、A市で貰った「転出証明書」を添えて、転入届を出せば、住民票の移動も完了です。

ケース2(レアケース)
・事前に(入籍前に)、A市で「転出届」を出して、B市に提出するための「転出証明書(旧姓のまま)」を貰います。
・B市に婚姻届を出します(祝日)。
※ この際の婚姻届に記載する住所は、転入届が完了していないので、A市の住所になるので、お気をつけ下さい。
・(翌日以降の平日)B市に、A市で貰った「転出証明書(旧姓のまま)」を添えて、転入届を出せば、住民票の移動も完了です。何か言われるかもしれませんが、婚姻届を出したことを言えば、問題ないはずです。

(3)現在住んでいるA市に婚姻届を出し、A市の別の場所に引越す場合

【(先)住民票移動⇒(後)婚姻届】
・A市で「転居届」を出して、A市の別の場所に住民登録を行います。
・A市に婚姻届を出します(祝日)。
※ この際の婚姻届に記載する住所は、変更後のA市の住所になるので、お気をつけ下さい。

【(先)婚姻届⇒(後)住民票移動】
・A市に婚姻届を出します(祝日)。
※ この際の婚姻届に記載する住所は、もともとのA市の住所です。
・(翌日以降の平日)A市で「転居届」を出して、A市の別の場所に住民登録を行います。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:住民票移動 , 結婚・婚姻届
ページトップへ戻る

「住民票移動」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2014 日本住民票振興会 All Rights Reserved.